CHINESE ENGLISH

会社案内 トピックス 採用情報 用語集 Q&A

UINICS CO.,LTD

  1. HOME
  2. 製品情報
  3. 瞬時指示計
  4. SP-555
 

 



高精度瞬時指示計 SP-555

  • 2入力演算計測
  • A・B比率3表示切替 (比率計測選択時)
  • アナログ出力応答最速1msを実現!
  • アナログ出力分解能最大1/10000!
  • 前面防滴仕様の新デザインケース採用!
  • W96×H48mmサイズの瞬時指示計
  • 速度・回転・瞬時流量・比率と多彩な計測機能。
  • 入力周波数は最大120kHzまで受け付け可。
  • 警報出力は4段まで搭載可。
  • BCD出力、または入力が搭載可。
  • RS−232C・RS−485通信が搭載可。
  • 電源はAC85〜264Vのフリー電源。DC12〜24V

標準仕様


瞬時計測
計測種類 速度・回転・瞬時流量・比率
計測方式 周期演算方式
スケーリング 1信号当たりの倍率1×10-9〜9999で任意に設定
表示精度 ±0.05% F.S. ±1digit (表示サンプリング時間0.1秒以上)
(比率計測の誤差はA計測、B計測の表示誤差に従う)
表示器(標準) 赤色LED5桁文字高:14mm
〃(オプション:GL) 緑色LED5桁文字高:14mm
表示範囲 −9999〜99999
小数点以下表示 小数点以下1桁〜3桁まで表示選択可能
表示切換 A入力表示の時Aランプが点灯、B入力の時Bランプが点灯、
比率計測の時A、Bランプ共に消灯
計測単位 毎時・毎分・毎秒より任意に設定
表示サンプリング 表示を0.1〜100.0秒(任意に設定)で平均化
表示選択 表示ブランク・スルー・"0"または"5"の表示
移動平均回数 入力パルス数を任意に設定した値により平均化
オートゼロ 入力停止後0.5〜120秒(任意に設定)後に表示を0 機能停止も可
急速オートゼロ時間 入力停止後、最後のパルスより設定された時間倍率毎に設定された
減衰率で表示を落とす。
リセット フロント部rstキー及び端子台リセット入力で計測をリセット
センサ入力
入力信号(標準) NPNオープンコレクタパルス入力(MIN10mA以上)、または無電圧接点
〃(オプション:F) 電圧パルス入力 LOW:2V以下 HI:3.8〜30V
〃(オプション:L1) ラインレシーバ1相入力 (A・) 入力
〃(オプション:F2) LOW:8mA以下 HI:12〜20mA
センサ入力応答 LOW:0.01Hz〜50Hz MID:0.01Hz〜1kHz HI:0.01Hz〜10kHz
〃(オプション:HI) 0.01Hz〜120kHz受付可、但しduty50%時
センサ供給電源 DC+12V ±10% 100mA MAX(安定化)出力
〃(オプション:S24) DC+24V ±10%  50mA MAX(安定化)出力
外部入力
リセット入力 端子台50ms以上ON
(NPNオープンコレクタ出力、または有接点出力を受付)
フロント部rstキーと同動作
ホールド入力 ホールド・ピークホールド・ボトムホールドより選択
端子台ONの間機能
(NPNオープンコレクタパルス出力、または有接点出力を受付)
その他
電源 AC85〜264V(50/60Hz) 17VA以下
〃(オプション:DC) DC12〜24V(±10%)
使用温湿度 0〜50℃ 30〜80%RH(但し結露しないこと)
質量・外形寸法 約450g W96×H48×D130mm
ケース材質 筐体:ABS樹脂ガラス入り   端子台:P.B.T 黒
本体色 灰色
〃(オプション:k) 黒色
保護等級 IP66相当

警報出力 NPNオープンコレクタ出力(標準装備)
出力端子 端子台OUT1、OUT2より各出力
出力タイミング 表示値と各プリセット値との比較により判定出力
出力方式 NPNオープンコレクタ出力2段
 最大定格:DC30V 50mA
出力表示 各警報出力中、OUT1、OUT2 LEDランプ点灯表示
出力リセット フロント部rstキー2秒押し、および端子台リセット入力50ms以上ON
判定出力禁止時間 電源ON時、またはリセット後、設定時間内は警報出力の機能を停止
警報出力 フォトモスリレー出力(オプション:P2)
出力端子 端子台OUT3、OUT4より各出力
出力タイミング 表示値と各プリセット値との比較により判定出力
出力方式 フォトモスリレーa接点出力2段
 定格負荷電流:0.12A
 負荷電圧:AC140V、DC30V
出力表示 各警報出力中、OUT3、OUT4 LEDランプ点灯表示
出力リセット フロント部rstキー2秒押し、および端子台リセット入力50ms以上ON
判定出力禁止時間 電源ON時、またはリセット後、設定時間内は警報出力の機能を停止

アナログ出力(オプション:AV3〜5/AI)
出力端子 端子台19、20より出力
電圧出力 (AV3〜5) DC0〜5V/DC1〜5V/DC0〜10V
負荷抵抗2kΩ以上
電流出力 (AI) DC4〜20mA
負荷抵抗500Ω以下
出力精度 表示値(絶対値)に対し±0.3%F.S.以内(23℃)
温度特性 ±100ppm/℃
出力更新時間 A入力表示のみのリアルタイム出力時:約1ms〜2ms
A、B入力表示時のリアルタイム出力時:約1ms〜4ms
最大出力分解能 14ビット D/A変換方式
 ・AI   DC4〜20mA :10000
 ・AV3 DC1〜5V    :10000
 ・AV4 DC0〜5V    :10000
 ・AV5 DC0〜10V   :10000
※アナログ出力は7セグメントLEDに表示される表示値に対して演算出力しています。
 これにより、モードNo.C、dの設定によっては分解能が10000より下がる場合があり
 ます。
 たとえば、
 モードNo.C:アナログ出力桁選択を「左4桁」に設定し、
 モードNo.d:アナログ最大出力時の表示値を「500」に設定すると
 分解能は5000となります。

 分解能を10000にする場合は
 モードNo.C:アナログ出力桁選択を「左4桁」に設定し、
 モードNo.d:アナログ最大出力時の表示値を「1000」以上に設定してください。

BCD出力(オプション:B)
出力端子 BCDオプションコネクタより出力
出力形式 全桁パラレル・NPNオープンコレクタ出力
出力タイミング 表示サンプリング時間に同期して出力(モード5で任意に設定)
出力動作 出力"H"レベル時は1番ピン(0V)と短絡(正論理時)
TI(取込禁止)信号 データ更新時、約25ms幅で出力
出力論理 データ値、およびTI信号 正/負論理切り換え可
定格 DC30V 5mA(MAX)

BCD入力(オプション:BI)
入力端子 BCDオプションコネクタより入力
入力形式 全桁パラレル。NPNオープンコレクタ入力
入力タイミング 演算周期毎
入力動作 入力信号はGNDとショート、又はオープンで取り込み
ラッチ信号 ラッチ信号入力時、データの取り込み禁止
入力論理 データ値、およびラッチ信号 正/負論理切り換え可
定格 各入力端子の短絡時の流出電流 約4mA

RS−232C通信(オプション:RS2)
通信端子 D−subコネクタより通信
信号レベル EIA RS−232C準拠(シリアル通信)
通信方式 RS232 調歩同期式 半二重通信方式
通信速度 1200bps/2400bps/4800bps/9600bps より選択
スタートビット 1ビット固定
ストップビット 1/2ビットより選択
データビット 7ビット/8ビット より選択
パリティビット 無し/奇数/偶数 より選択
通信ID番号 メータに00〜99でID番号を設定
通信方法 メータのIDを指定し、コマンドにより通信制御
(コマンドはRS−485と共通)

RS−485通信(オプション:RS4/RS4W)
通信端子 D−subコネクタより通信
信号レベル IEE RS−485準拠
通信方式 RS485 半二重通信方式
通信速度 1200bps/2400bps/4800bps/9600bps より選択
スタートビット 1ビット固定
ストップビット 1/2ビットより選択
データビット 7ビット/8ビット より選択
パリティビット 無し/奇数/偶数 より選択
通信ID番号 メータに00〜99でID番号を設定
通信方法 メータのIDを指定し、コマンドにより通信制御
(コマンドはRS−232Cと共通)

お問い合わせ

pagetop