ロガー・地震感知器など

DL1000

特長

  • 流量、圧力、温度など多様な計測及び記録が可能なロガー機能付指示計
  • タッチパネル採用によるわかりやすいインターフェース
  • 入力信号はアナログ2入力、温度(K型熱電対) 1入力に対応
  • 測定データを付属のメモリーカードへ記録(CSVファイル)
  • W96×H96mmのコンパクトサイズ
  • フリー電源(AC85~264V)
  • オプションとして、警報出力×4、アナログ出力×2を搭載可能

製品写真

  • 外観

ダウンロード

  • 取扱説明書

    DL1000
  • カタログ

    DL1000
  • ソフトウェア

    AS1000 Ver.1.2.0

オプション一覧

端子接続図

パネルカット図

仕様一覧

▽標準
表示仕様
表示部・操作 3.5型タッチパネル式カラー液晶 計測3段表示
A表示〔上段表示〕:+8桁(積算表示)or±5桁(瞬時表示)
B表示〔中段表示〕:±5桁(瞬時表示:オプション入力時表示)
C表示〔下段表示〕:±5桁(瞬時表示:オプション入力時表示)
or+5桁,-4桁(温度表示)
表示サンプリング 0.5秒毎に表示を更新
(タッチパネル表示の関係上、最大0.5秒の表示遅延があります。)
外部入力
リセット入力 A表示積算表示をリセット
端子台19-20より入力 端子台50ms以上ONで受け付け
(NPNオープンコレクタ出力、または有接点出力)
記録スタート/ストップ入力 メモリーカードへの記録をスタート/ストップ
端子台9-10より入力 端子台50ms以上ONで受け付け
(NPNオープンコレクタ出力、または有接点出力を受け付け)
記録
記録媒体 付属品メモリーカード(2GB FAT16)
※付属品メモリーカード以外では動作保証できません。
記録形式 CSVファイル 9000個まで記録可能。
記録間隔 メモリーカードへの記録間隔(モード「記録間隔」で選択)
1秒、2秒、5秒、10秒、15秒、30秒、1分、2分、5分、10分、15分、30分、60分
記録トリガ ①記録スタート/ストップ入力により機能
 ・レベル入力(端子台ONの間機能)
 ・エッジ入力(1ショット入力で機能)
②警報出力と同期して機能
 ・警報出力判定(同期させる警報出力を選択)
 (モード「記録トリガ」で選択)
電源ON記録再開 記録トリガ設定:エッジON
電源ON記録再開設定:継続選択時
・記録中電源OFFした場合、次の電源ON時記録を再開します。
その他
時刻設定 年/月/日/時/分/秒 (24時間表示)
データバックアップ 設定値・積算値はFRAMに記憶
(書き換え回数10万回以内、約10年間保持)
時刻はRAM上へ記憶
(RAMは内蔵の二次電池により保持。最終通電後より1ヶ月間バックアップ)
センサ供給電源 DC+12V(±10%) 100mA MAX(安定化)出力
電 源 AC 85~264V  50/60Hz  約20VA以下
使用温湿度 0~50℃ 30~80%RH(但し結露しないこと)
質量・外形寸法 約588g  W96×H96×D117mm
ケース材質・色 ABS樹脂ガラス入り 灰色

 

▽警報出力オプション(P4)
警報出力オプション仕様
出力端子 端子台11-12(警報出力1)
端子台13-14(警報出力2)
端子台15-16(警報出力3)
端子台17-18(警報出力4)
出力定格 メカリレーa接点出力4段
定格負荷電流:5A(抵抗負荷)
負荷電圧:AC250V、DC30V
出力方式 計測値とプリセット値との比較により判定出力
出力表示 警報出力中の計測値は赤色表示。
判定禁止時間 電源ON時、設定時間内は警報出力の機能を停止。

 

▽アナログ出力オプション(AVW/AIW)
アナログ出力オプション仕様
出力端子 端子台27-28(アナログ出力1)、
端子台29-30(アナログ出力2)より出力
電圧出力(AVW) DC0~5V/DC1~5V/DC0~10V
負荷抵抗2kΩ以上
電流出力(AIW) DC4~20mA 負荷抵抗500Ω以下
出力レンジ選択 モード「アナログ出力1、2 レンジ選択」で選択
(電圧/電流の切換えは、メータ内部のスイッチによる切換え)
出力タイミング 計測値に同期
出力精度 表示値に対し、±0.3% F.S.以内
(23℃±5℃において、電源投入後30分後)
温度特性 ±160ppm/℃ (0~50℃)
出力応答 約50ms(但し、出力変化が90%到達までの時間として)
最大出力分解能 14ビット D/A変換方式
・DC4 ~  20mA  : 10000
・DC1 ~   5V  :  5200
・DC0 ~   5V  :  6500
・DC0 ~  10V  : 13000
 ※アナログ出力は表示値に対して演算出力します。
設定によっては各レンジ分解能より下がる場合があります。
出力範囲 フルスケールスパンに対して0%~102.4%まで出力します。
・DC4~ 20.384mA
・DC1~  5.096V
・DC0~  5.12V
・DC0~ 10.24V
オーバー表示(※1)となると強制的に0% or 102.4%で出力
※1
瞬時計測表示:「-99999」or「99999」
積算計測表示:「99999999」
スケーリングに対する出力勾配は、スケーリング設定に依存

 

▽アナログ入力(標準/AA)
アナログ入力(オプション)仕様
入力端子 CH1:端子台1-2より入力(標準)
CH2:端子台3-4より入力(オプション)
CH3:端子台5-6より入力(オプション)
アナログ電流入力 DC4mA~20mA 入力抵抗約250Ω
アナログ電圧入力 DC1V~ 5V   入力抵抗約220kΩ
DC0V~ 5V   入力抵抗約220kΩ
DC0V~ 10V  入力抵抗約220kΩ
入力温度特性 ±150ppm/℃(0~50℃)
計測方式 A/D変換方式
有効分解能 DC4mA~20mA:約72000
DC1V~ 5V  :約72000
DC0V~ 5V  :約90000
DC0V~ 10V :約180000
入力計測間隔:約20ms
計測精度(瞬時/積算計測) フルスケールスパンのアナログ入力に対して、
瞬時:±0.2% F.S.±1digit
積算:±0.3% F.S.±1digit
(23℃±5℃において、電源投入後30分後)
スケーリング 瞬時設定・・・・・・・・最小/最大入力時の瞬時表示値を設定
積算設定・・・・・・・・1時間当たりの最大積算表示値を設定
表示範囲 瞬時表示:-99999~99999
積算表示:0~99999999
表示オーバー 瞬時表示:+OVERまたは-OVER表示
積算表示:ゼロサプレスなしでエンドレス表示
小数点以下表示 小数点以下1桁~4桁まで表示選択可能
ローカット機能 A表示が積算値の場合に機能
アナログ最大入力の0~9%以下の場合は積算計測を行いません。

 

▽熱電対入力オプション(AK)
熱電対入力オプション仕様
入力端子 CH3:端子台5-6より入力
適合温度センサ 熱電対(K,J型) [JIS C1602 2015年による]
計測表示範囲 K型:-200.0~1300.0℃
J型:-100.0~ 750.0℃
表示範囲  K型:-400.0~1500.0℃
J型:-300.0~ 950.0℃
表示単位 ℃固定(摂氏表示)
小数点以下表+B99示 小数点第一位固定
断線検知 温度センサ入力が断線状態の時、「― ― ― ― ―」表示
計測方式 A/D変換方式
分解能 約140000  入力計測間隔:約20ms
入力計測精度 ±1.0℃(周囲温度:+23℃±5℃)
※基準接点補償誤差:±1.5℃

 

▽センサ供給電源オプション(S24)
センサ供給電源オプション仕様
センサ供給電源 DC+24V(±10%)  60mA MAX(安定化)出力

CMPS

ISO取得

堺技衆

健康企業宣言

カタログ

お問い合わせ

メールでのお問い合わせご質問、資料請求などはこちらから

お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

TEL. 072-274-6001

FAX. 072-274-6005

受付時間 9:00~18:00 
FAX 24時間受付

各営業所へのお問い合わせ