瞬時指示計

SP5221

特長

  • ローコストなシンプル瞬時指示計。
  • 使いやすい96×48パネルカットに奥行き×82mmの短胴サイズ。
  • 速度・回転・瞬時流量が計測可。
  • 入力信号はNPNオープンコレクタパルス、電圧パルス、タコゼネ信号、サイン波信号が受け付け可。
  • 入力周波数は最大10kHzまで受け付け可。
  • 文字高14mm×5桁で見やすい大きさ。

製品写真

  • 外観

ダウンロード

  • 取扱説明書

    SP5221
  • カタログ

    SP5221

オプション一覧

端子接続図

パネルカット図

仕様一覧

▽標準
表示仕様
表示器 7セグ赤色LED 5桁 文字高14.2mm
計測仕様
計測種類 瞬時計測(回転・速度・流量等)
計測方式 周期演算方式
スケーリング(換算器) 1信号当たりの倍率 1×10-9 ~9999 で任意に設定
表示範囲 0~99999 表示オーバー時(99999以上)は表示点滅
表示精度 ±0.05% rdg.±1digit(表示サンプリング時間0.5秒以上)
小数点以下表示 小数点以下1桁~4桁まで表示選択可能
計測単位 毎時・毎分・毎秒 より任意に設定
表示サンプリング時間 表示を0.1~100.0秒(任意に設定)で平均化
表示移動平均回数 設定された表示サンプリング時間を1~9で平均化(任意に設定)
オートゼロ時間 入力停止後、0.1~100秒後(任意に設定)に表示を0
センサ入力
入力信号 NPNオープンコレクタパルス入力(MIN 10mA以上)、
または無電圧接点
センサ供給電源 DC+12V(±10%) 60mA MAX(安定化)出力
センサ入力応答 LOW:0.01Hz~50Hz  HI:0.01Hz~10kHz (但し、duty50%時)
外部入力
リセット入力 端子台7-8より入力
端子台50ms以上ONで受け付け
(NPNオープンコレクタ出力、または有接点出力を受け付け)
その他
モードプロテクト キー操作によりモード設定値を変更不可にすることが可能
データバックアップ 各設定値をFRAMに書き込み
(書き換え回数10万回以内、約10年間保持)
電 源 AC 85~264V  50/60Hz  約9VA以下
使用温湿度 -10~50℃ 30~80%RH(但し結露しないこと)
質量・外形寸法 約206g  W96×H48×D83mm
ケース材質・色 ABS樹脂ガラス入り 黒色

 

▽センサ入力オプション(F/V/V3/N)
センサ入力オプション仕様
電圧パルス入力  LOW:2V以下 HI:3.8~30V
入力インピーダンス:100kΩ
タコゼネ入力(正弦波) AC0.3V~80Vp-p 3kHz MAX
V3 タコゼネ入力(正弦波) AC0.8V~80Vp-p 3kHz MAX
サイン波入力      AC0.05V~20Vp-p 3kHz MAX

 

▽警報出力オプション(P2)
警報出力オプション仕様
出力端子 端子台3-4(OUT1)、端子台5-6(OUT2)より出力
出力判定 表示値とプリセット値との比較により判定出力
出力選択 機能無効・機能有効より選択
出力モード 比較・保持・1ショット出力より選択
プリセット値 プリセット値設定により設定
出力方式 フォトモスリレー出力2段 a接点
定格負荷電流:0.12A MAX(抵抗負荷)
負荷電圧:AC250V、DC30V MAX
出力表示 各警報出力中 OUT1~OUT2 LEDランプ点灯
出力リセット フロント部    キー2秒以上ONまたはリセット入力を
50ms以上ONで警報出力を解除
※リセット入力ONの間、警報出力解除のままとなります。
 計測表示はリセットしません。

CMPS

ISO取得

堺技衆

健康企業宣言

カタログ

お問い合わせ

メールでのお問い合わせご質問、資料請求などはこちらから

お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

TEL. 072-274-6001

FAX. 072-274-6005

受付時間 9:00~18:00 
FAX 24時間受付

各営業所へのお問い合わせ